12月22日は「ゆず風呂」です。

2014年12月9日

12月22日(月)冬至の日は「ゆず風呂」です。

ゆずポスタ_HP用ミニサイズ

どうして冬至にゆずなの?

もともとは、一陽来復の日に、体を清める厄払いのための「みそぎ」だとされています。冬至にゆず湯に入る習慣は、銭湯ができた江戸時代から始まったと言われています。古くから冬至の日に「ゆず湯」に入ると『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります 寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になったと言われています。冬至にゆず湯に入るのは邪気を祓って体を清めるためです 。冬至→湯治(とうじ)、ゆず→融通(ゆうずう)をかけた語呂合わせから、『お湯に入って融通良く行きましょう』という意味があるようです。