カテゴリー別アーカイブ: 昭和湯からのお知らせ

年末年始営業のお知らせ!

2014年12月24日

昭和湯の年末年始の営業は下記の通りになります。

平成26年12月31日(水)定休日ですが営業いたします。営業時間 14:45〜0:30

平成27年1月1日(木)元旦 お休み

平成27年1月2日(金)初風呂 営業時間 7:00〜正午まで

平成27年1月3日(土)お休み

平成27年1月4日(日)平常通り営業

平成27年1月5日(月)高齢者割引

となっております。

12月22日は「ゆず風呂」です。

2014年12月9日

12月22日(月)冬至の日は「ゆず風呂」です。

ゆずポスタ_HP用ミニサイズ

どうして冬至にゆずなの?

もともとは、一陽来復の日に、体を清める厄払いのための「みそぎ」だとされています。冬至にゆず湯に入る習慣は、銭湯ができた江戸時代から始まったと言われています。古くから冬至の日に「ゆず湯」に入ると『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります 寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になったと言われています。冬至にゆず湯に入るのは邪気を祓って体を清めるためです 。冬至→湯治(とうじ)、ゆず→融通(ゆうずう)をかけた語呂合わせから、『お湯に入って融通良く行きましょう』という意味があるようです。

11月15日は「昆布風呂」を開催します。

2014年11月6日

11月15日に昆布を浴槽にいれる

「こんぶ風呂」を開催いたします。

なぜこの日なのか?

日本昆布協会では、毎年11月15日を『こんぶの日』と決めています。
11月15日といえば、「七五三」の日です。この日のお祝いに、育ち盛りのお子さんが栄養豊富な昆布を食べて、元気に育ってほしいという願い、また、昆布を食べる習慣をつけてほしいという思いから、1982年にこの日を『昆布の日』と決めました。またこの時期は、その年に収穫された昆布が新昆布として市場に出回り、海からの贈り物として感謝をする気持ちも込められています。

ということなのです!

昆布を入れたお湯にはいると、

特に、冷え性の予防と保湿効果が得られます。

これから寒くなる季節!一度、昆布の効能効果を実感してください。

スタッフ一同皆様のご来場お待ちしております。

こんぶちゃんjpeg

20 / 34« 先頭...10...192021...30...最後 »